画像が開かない! という状況一般の対処方法について


#1

よくある質問の類ですが、遭遇すると本当に困りますよね。

というわけで、対処方法の知恵を集めておきたいと思います。


#2

原因の確認と、対処方法の振り分けは必要かなと思いますが、とりあえず混在で。

macOSの場合、ターミナルでfileコマンドを使って何か情報が表示されるか、というのは試してみた方が良いリストに入れられるかなと思います。拡張子が違っている系にも対処できるのがありがたい。

バイナリエディタで覗く、あたりまでくると人を選びますが、最後はコレかなと。

他の、普通の判別方法、対処方法など、思いつくモノがありましたらよろしくお願いします。


#3

昔はGraphicConvertor、今はPreview.appで開かなかったら諦めモードかなー…


#4

XnViewMPかXnConvertもいろいろ開けるようです


#5

自分もバイナリエディタ(テキストエディタの場合も)ですかね……
途中で切れてたりとかもある程度分かるので。


#6

マックバイナリの類(先頭に余計なデータが付加されている)をモノともせずに開くビュアーとか、MAG, PI, HGとか扱ってた頃は色々あった気がしますが、今はどうなんだろう。

そういうの検知して除去してくれるツール、あるでしょうか?


#7

複数の画像アプリで開けなかったら、私も諦めますが、
一応、拡張子を変えてみたりはします。


#8

イラレ8までの場合は、エラーが出ている場所をテキストエディタで「切除」していましたが。


#9

このトピックを立てた直接の切っ掛けになったのは @mizuhion さんのつぶやきでした。
事例の一つとして紹介いたします。

拡張子の変更、Graphic Converter、fileコマンドを試していただいて、HexEditでスクリーンショットを見せていただいたのがこちら。

その後、実際のデータをお預かりして見てみましたが、なかなかの謎データでした。

  • 157,422 byte と 154,701 byte
  • 0x200〜0x21F に共通の部分がある
  • 0x400〜0x59F に共通の部分がある
  • 全体にエントロピーが高く、ZIP圧縮をかけると若干サイズが増える
    • スクリーンショットのようなバイト並びが延々と最後まで続く
  • JPEGのマーカー類は見当たらない
    • マーカーにあたる2byteの並びは見つかるが、直後2byteがサイズになっていない
  • ファイル先頭から末尾まで、構造が見えてこない

何か意味がありそうなデータが詰まっている感じで、何もわからないという状態です。
全体が暗号化・圧縮等されているとすると、共通部分が出てくるのは何故か。
画像以外の何かのバイナリデータだとして、可能性のあるものはあるのか。

このへんでお手上げといったところですが、何か思うところのある方はおられますか?
真のバイナリアンを召喚したら解析できるのだろうか……。


#10

この辺の話をするなら誰(どんな人)から受け取ったのか、とかどういう経路・媒体で来たのか(ZIPで固めてもらったとかメールに添付されてたとか)という情報も可能な限り付けてほしいですね。


#11

目の前で対応するなら、バイナリエディタで一瞥しつつ、同時にその辺の質問してるよね。

今回わかっている(途中で聞いた範囲)では、クライアントが開けなくて困って相談を受け、預かったものということです。2004年頃に作られたものだとも。経緯については確認中です。

メール経路で考えると、GnuPGの類かもしれませんね。
そもそも当初は開けたのか、最初からこの状態だったのか……。

ランサムウェアにやられた説というのも考えてみました。


#12

あまりに古いデータだとファイルシステムの管理情報が破損・矛盾してて全然別のファイル(の一部)を指している可能性もありますし解決は難航しそうな予感……


#13

ディスクエラー系、ありそうですよね……。
入れ替わっているにしても、もう少しソレっぽいのが混ざっていると見分けるのに助かるんですが、たいしたサイズでもないので……。圧縮ファイルの一部分を削り出したようなデータかなぁ。

JPEGにせよ、圧縮ファイルにせよ、部分だけあっても、量子化・ハフマンテーブルの類が無い状態で読むのはムリだよね。


#14

ファイルを損失した場合に発生する(再作成などの)コストが法外でもない限り、ヘッダ(に相当する情報)が欠損しているファイルは速攻で投げ出します(汗


#15

うちの環境(Yosemite / ちょっと前にPhotoshopはCS6からCC2017に移行)も最近よくPhotoshopでは「jpgだけ」開けなくなっていたのですが、Yosemiteで CC 2014~2017をアップデートすると自動でAdobe Camera Raw がうまくアップデートされない事があるらしく、Adobe Camera Rawを手動でアップデートしてあげるとjpgだけが開けない現象が直るかもしれません


#16

これ、うっかりうちもこないだCC2014のアップデート(基本CameraRAWアップデートのみ?)するとJPEGが開かなくなりますね。
YosemiteのCameraRAWが10.11以降のものに置き換えられるとダメになってしまうのでいつもやられてます。。


#17

これ、ハマると難儀しますよね……。
すぐに原因が思い当たらず、Camera Rawが原因といわれても納得しかねるというか :thinking:


#18

アップデートされちゃうと駄目なのか!< YosmiteでCC 2014〜2017環境

Yosmiteの人はCamera Rawはこれ使えって事ですかね?
Adobe Camera Raw 9.10.1 Update Download http://digitalphotographylive.com/adobe-camera-raw-9-10-1-update-download/

CS6を使いたくてYosmite環境にしているDTPerは一定数いそうです